院長の気まぐれブログ

自律神経

「自律神経」って耳にする方は多いと思いますが

 

【自律神経とは】

人が生きるために必要な

・心臓を動かしたり

・呼吸をしたり

・食べたものを消化したり

・体温を保ったり

・ホルモンを調整したり

 *自分の意志でなく無意識に健康維持を調整をしている神経の事

 

【自律神経は2種類】

①交感神経➡活動・興奮➡昼に多い

②副交感神経➡休む・リラックス➡夜に多い

 

【自律神経の乱れの要因】
身体的ストレス・・・寒暖差等
精神的ストレス・・・人間関係・悩み・不安等
生活リズムの乱れ・・起床・就寝・食事のリズム
ホルモンバランスの乱れ・・更年期等

 

 

【神経の働き】

①交感神経➡血管収縮・血圧上昇・心拍数増加・瞳孔拡大・気管支拡張・消化機能抑制筋肉緊張

②副交感神経➡血管拡張・血圧低下・心拍数低下・瞳孔収縮・気管支収縮・消化機能促進・筋肉弛緩

 

①と②がバランスを取り健康維持できているのですが

最近では①交感神経が優位になりすぎてしまっている方が多いと言われます。

簡単に言うと「リラックスする神経が少ない」ってことです。

 

ここで注目したいのが赤文字の『消化機能抑制』が優位になりすぎることで内臓の負担が増え

・全身のだるさ

・寝ても疲れが取れない

・朝起きれない

・肌荒れ

・便秘・下痢

・食欲不振

・免疫力低下に関係している方も多いでしょう

 

そして、もう一つは『筋肉緊張』

肩こり・腰痛とも深い関係があり、背中の硬い方は要注意です。

背中付近の背骨(胸椎)には内臓の働きを支配している神経が集まっています

背中の硬さにより背骨が歪んで内臓機能の調整が出来ていない可能性があります

逆に背中には内臓の働きをよくする反射点が多く存在します。

また、背骨の上(上部頸椎)には自律神経の要である脳幹という部分(延髄下部)が

頭蓋骨から入り込んで脊髄へつながっています。

ですから、後頭部から頸椎の詰まり、凝り、歪みが起こっている場合

・肩こり・腰痛・疲れ目

・頭痛・めまい・耳鳴り

・息苦しい

・食欲不振

・注意力低下

・多汗

・立ち眩み

・倦怠感

・ほてりが引き起こされている可能性もあります。

 

 

病院に行ったが問題なく原因がわからないが症状が当てはまる方は、もしかしたら、自律神経系かもしれません

また、酷くはないが、たまに思い当たるかも!という方も予防が大切です

ストレス社会の現代には、リラックスする時間が必要です。

 

自律神経整体 40分 ¥8,000

栄整骨院

佐倉市栄町5-2 ☎043-484-4976

時間限定12:00~15:00 20:00~22:00(完全予約制)

友だち追加